探偵業法

<探偵業とは>
他人の依頼を受けて、特定人の所在又は行動についての情報であって当該依頼に係るものを収集することを目的として面接による聞込み、尾行、張込みその他これらに類する方法により実地の調査を行い、その調査の結果を当該依頼者に報告する業務を行う営業をいう。

ただし、専ら、放送機関、新聞社、通信社その他の報道機関[報道(不特定かつ多数の者に対して客観的事実を事実として知らせることをいい、これに基づいて意見又は見解を述べることを含む。以下同じ)を業として行う個人を含む]の依頼を受けて、その報道の用に供する目的で行われるものを除く。

<探偵業法について>
探偵業法は、正式名称「探偵業の業務の適正化に関する法律」です。(以下、略して「探偵業法」と記す)
平成18年6月2日、参院本会議で探偵業法が成立、暴力団関係者が関与した業者の排除や、消費者の保護などを目的にした「探偵業法」案を全会一致で可決しております。平成19年6月1日、探偵業法の施行により、探偵業を行なうには都道府県公安委員会に各探偵事務所や営業所ごとに届出を行なうことが義務付けらました。届出を行なっていない業者や欠格事由のある場合には探偵業を行なうことは出来ません。探偵業法成立の理由は、探偵業の運営状況や必要な規制を定めて、その業務の運営の適正を図る必要があるためです。これにより、探偵業が社会的に認知されたことを意味します。探偵業を開始するためには、届出で必要になることから、実態の把握も容易になり、今後益々業界の健全化が進むことでしょう。

行方調査とは・・・

1

(1)所在調査 (相談内容例:対象者が居場所を隠していないが居場所が分らなくなったケース) ・昔の恩師・恩人と連絡を取りたいが以前の住所しか分らない。 ・疎遠になっている親類・縁者。 ・前の職場・アル ...

2

(2)失踪・家出人調査 (相談内容例:居場所を隠し、人知れず逃げているケース) ・相談相手になってくれた友人・知人と連絡が取れなくなった。 ・夫・妻が勤めに出たまま姿を消した、会社にも行っていない。 ...

3

警察白書によると、平成27年全国の警察が受理した行方不明者届の受理件数は82,035人で、男性が53,319人、女性が28,716人となっております。注目すべき点は行方不明者の捜索願受理件数の総数があ ...

投稿日:

Copyright© 人探し・行方調査 悩み解決サイト , 2019 AllRights Reserved.